高齢ドライバーの免許返納について

高齢ドライバーによる事故が急増している現在、高齢者の自動車運転ついてどの様にしたら安全を確保できるのかについて少し考えてみたいと思います。
現在、世界各国の自動車メーカー各社が特に注力しているのがドライバー不要となる自動運転車です。自動運転車は現時点では試験段階にあるので日本での実用化・商用化は少し先の話となりそうです。また、車種やメーカーは不明ですが、海外で行われた自動運転車の試験中に死亡事故が発生したとの話を聞いているので、技術的にはまだまだ改善の余地が残っているものと思われます。
スケジュール的な関係から私の母の世代の人間が自動運転車に乗る事はまず無理だと思われますが、私が70~80歳を迎える頃は自動運転車が街中を行き交うのが当たり前の時代となっているかもしれません。自動運転車のコストや一般商用化された際の単価に関して詳しくは知りませんが民間仕様車でも通常の乗用車の価格を大幅に超える非常に高額なものとなるのではないでしょうか。富裕層はともかく、そのように高価な車を生活費のわずかな貯金や年金に頼る高齢者が買えるはずがありません。自分の子どもが買ってくれるなら話は別ですが、現状では一般向けの自動運転車の商用化が即時に高齢ドライバーの事故防止に繋がるとは思えません。
そこで私が独自に考えた高齢ドライバーの事故対策と安全管理についてですが、現在70~80代の人が免許を取得された頃には当然AT車など無く、MT車で教習されたはずですから、再度教習所に通ってもらい、何カ月か練習して、MT車用の簡単な試験を受けて頂き、点数が一定以下の方は心苦しいのですが、免許を返納して頂き、外出の際は公共交通機関を利用してもらう、という条例を制定すれば高齢者が絡む事故の件数は大分少なくなるかと思います。何よりMT車の方が安価ですし、燃費も良いのですから経済的にも助かります。  しかし、心配なのが免許を返納した高齢者がハンドルから手を放した際に一気に老け込む事です。これに関しては高齢者自身が単独で行える有効な対策や手段は正直、思いつきません。やはり介護の手が必要となる事は避けられないと思います。仮に私の母が免許を返納してしまえば交通手段が前述した通り公共のものに限られてしまいますし、運転時に感じる注意や刺激が減少する事により急に認知症を発症したりするかも知れません。
とりあえず母が免許を返納して老け込んで来たら、MTの軽トラを一台、中古で買って私が足代わりになると言うのも一つの手かな、と考えているこの頃です。

輸入車 車買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です