意味のあるおせち料理

「お正月」と言えば小さいときからずっと「こういうもの」と思ってきたように、我が家も元日の朝の食卓はおせち料理、鯛やお雑煮などを並べて新年のお祝いをしています。

 1つ1つのおせち料理に縁起を担ぐ意味があることを知ったとき、ただ食べるのではなく、味わいながら食べるようになりました。 意味が分かるとおせち料理を食べることが楽しくなり、自慢げにドヤ顔で子供たちに説明すると「ものしり」と少し尊敬されます。

おせち料理には、数の子、黒豆、たたきごぼう、伊達巻や煮しめなどがあり、子宝や子孫繁栄、無病息災、家の安泰、文化の発展、学問や習いごとの成就や家族が仲良く一緒にいられるようになどの願いが込められています。
また、栗きんとん、紅白なます、レンコン、昆布巻きは、金運、平安と平和、将来の見通しが良いことや、不老長寿、子孫繁栄などの縁起物です。
さらに、紅白かまぼこの赤は魔除け、白は清浄・神聖を意味しており、海老は、腰が曲がるまで長生きできるように長寿の意味が込められています。

 食卓のご馳走をただ食べるのではなく、1つ1つのおせち料理に込められたありがたい気持ちを感じながら1年の幸せを願いじっくり味わっていただきましょう。
クラチャイダムゴールド 男性不妊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です