マスカラをまつげに上手く塗るための工夫

まつ毛が短くマスカラを上手く塗ろうとしても上手く塗る事が出来ず、いつもだまになってしまいました。
上手くマスカラが塗れるようになるために、マスカラを上手く塗る方法を調べました。

メイクをした時にまつ毛に、メイク用品の水分や油分が付着してしまうことがマスカラが上手く濡れない原因の一因であることを知りました。
ファンデーションなどでメイクをした後に、まつ毛に付着した水分や油分を綿棒を使って取るようにしてみました。

それまではビューラーを使っていましたが、ビューラーも使うようにしてみました。
最初は上手くビューラーでまつ毛を挟むことが出来ず綺麗にカールさせることが出来ませんでした。
そのため、何度か練習して上手くビューラーでカール出来るようになりました。
綺麗にカールした後にマスカラの下地を塗りその後にマスカラを塗るようにしました。

そのおかげで綺麗にマスカラを塗れるようになりました。
以前はマスカラを塗ってもダマになってしまい、目元がバサバサした感じになってしまい、目元の印象が老けた印象になってしまっていました。

今は、マスカラを塗る前に、工夫をするようになったこととダマになる原因であるマスカラの液の量も適量をきちんと塗ることが出来るようになりました。
不器用なせいとまつ毛が短いせいでマスカラ上手く塗ることが出来ないと思っていましたが、そうではなくマスカラを塗るための事前の準備が足りなかったと気付きました。

まつ毛美容液 マツエク おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です