肌に適したクレンジングを正しく使用する

乾燥肌のため、若い頃からクレンジング選びはかなり慎重に行ってきました。テクスチャー別に様々な対応のクレンジングを使ってみると、優しい洗いあがりのクレンジングは肌は乾燥しにくいですが、マスカラやアイラインが落ちなかったりしました。洗浄力の高いオイルクレンジングを使用すると、顔を洗ってすぐ顔が乾燥し始めて、つっぱってしまうので、自分の肌の状態に適したクレンジングを見つけるまでに、かなりの時間がかかりました。

時間を変えて選んだおかげで、自分の肌質を知ることができ自分の肌にベストなクレンジングをみつけることができました。メイクをしっかりと、肌に残さず落とすために欠かせないクレンジングですが、ただ洗浄力が強いクレンジングを使っても、肌が乾燥しつっぱるだけになってしまうので、自分のメイク法や肌質に合わせてクレンジングを選ぶことが大切です。

カバー力が強いファンデーションやマスカラやアイシャドウなど、クレンジングで落としづらいメイクをしていない時には、洗い上がりが優しいミルクやクリーム、ジェルなどのクレンジングでもメイクをしっかり落とすことができます。マスカラや口紅、チークやアイシャドウなどのポイントメイクをしっかりとしている時は、オイルクレンジングなどでしっかりとメイクを落としてから、肌を保湿してあげましょう。

どのクレンジングを使用するときも、自分の肌質に適したクレンジングを使用することや、使用方法をよく確認して正しく使用することが大切です。クレンジングだけでは落としにくいマスカラやアイシャドウ、アイラインなどはクレンジングの前に、ポイントメイクアップリムーバーで落としてからクレンジングをすると、肌をこする工程も少なくて済みます。肌に摩擦が起き、刺激を感じることも少ないのでポイントメイクを先に落としておくことも大切です。

口コミ検証 DUOクレンジングバームで毛穴が詰まった人の共通点は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です