車の自動ブレーキ

国交省が車の自動ブレーキ義務化を検討していることをのことを、Yahooニュースで知った。内容によれば高齢者の事故対策の切り札として期待しているとのことだ。全車に標準装備することが目標にしている。

私の考え方はもっと早く標準装備してくれることを期待していたが、とても朗報ではないでしょうか。どうしても人間はどんなに注意していてもどうしてもエラーを起こしてしまう生き物なのです。それらのエラーを未然に防ぐことができるのが、ハード的な対策である。今回の自動ブレーキがそれだ。人が万が一よそ見などで前方不注意で人や障害物をカメラやセンサーなどで感知して自動でブレーキをかけて衝突を回避するシステムである。この自動ブレーキは2015年に製造された新車には45.4%に搭載されていたとあるが、こんなに搭載されているのかと驚きだ。

自動ブレーキには、2種類の大別されている。ひとつが、前方の車や壁に対する「対物」と、もう一つが歩行者に反応する「対人」がある。現在の車はこのどちらか一方がなのか知らないが、どちらにも反応できる自動ブレーキを搭載して欲しい。そして、自動ブレーキの全車標準装備を早期に行い、高齢者ドライバーによる事故を未然に防いで欲しい。また、さらなる技術の促進して自動運転を目指してもらいたい。
車を高く売るコツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です