後悔先に立たず!!ニキビ跡を残さないための10代ニキビケア

10代ニキビケアを怠ると、一晩で一気にクレーターのようなボコボコの顔になってしまうなんてことよくあります。
思春期でできたニキビ跡は消えることはなく一生残ってしまいます。

そこで、大人になったときに後悔しないように10代ニキビケアに紹介します。
10代ニキビがなぜできるのか、そのメカニズムを知ることで自ずとニキビケアの方法も見えてくるはずです。

では、まずなぜ10代ニキビはできやすいのか。
それは、思春期にともない成長ホルモンが活発になるからです。
この成長ホルモンが活発になると、皮脂量が増え何もケアしないとニキビになってしまうということです。

つまり、この皮脂を残さないようにするというのが一番重要になります。
そのために、皮脂量を増やす原因となる食事を取らないということが大切です。スナック菓子などの油分を多く含むような食事は、避けるように心がけましょう。

また、お腹を膨らませてしまう炭酸飲料にも気をつけましょう。
お腹いっぱいで規則正しいバランスのよい食事が取れなくなると、栄養不足の状態に陥り、ホルモンバランスが崩れニキビができやすくなるというわけです。

とはいっても、甘い誘惑に誘われ負けてしまう気持ちもわかります。
絶対に食べてはいけないということではなく、食べてもいいが普段のバランスのよい食事のことを考えてということがとても重要です。
ただ食事に気をつけていても、できてしまうのが10代ニキビの怖さです。

では、もしもニキビができてしまったらどうするのか。そ
れは、当たり前のことですが洗顔することが大切になります。
ニキビの有効成分を含む、洗顔料や化粧水を使って、ニキビを撃退しましょう。

ただ、洗顔をするときにも注意することがあります。それは、洗顔しすぎないと言うことです。
朝と晩の2回程度で若干低めの温度のぬるま湯で、やさしく洗顔しましょう。ニキビの部分が炎症を起こしている場合は、水洗顔にしましょう。
洗い終わった跡は、清潔なタオルでふき取り、化粧水で保湿します。こんな簡単なことでも、怠ってしまえば一生後悔するニキビ跡につながります。
10代ニキビケアを毎日続けることが大切です。

プラクネの口コミは本当?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です