転職エージェントの存在で転職のハードルが下がった気がする

様々な職種が存在するなか転職エージェントはまさに世にマッチしたサービスだと思っている。

高度経済成長著しい時代とは異なり、現在は終身雇用制度というものが都市伝説のようなものになりつつある。

同じ場所で働き続けることが色々な意味で難しい。

私も転職を経験したものであるが、この転職は一度だけ。

それまで転職は自分自身で転職する先と面接日程だったり、試験日程だったりを調整しなければならなかったと思うが転職エージェントはその煩わしいプロセスを一手に引き受けてくれているのだ。

転職希望者ー転職先
であったこれまでの関係に
転職希望者‐転職エージェント‐転職先となることで潤滑油的な役割を担ってくれて日程調整をしてくれる。

自分の休みの都合をわざわざ勤め先に出さずとも、休みの日で調整してくたのでとても助かった。

どういったものを目標としてあるいは学びたいのかというのも担当のエージェントがついてくれて、その内容を加味して斡旋してもらえるので自分自身では収集できる以上の情報をもらえるので転職を考えるのであれば利用しない手はないとさえ感じた。

仮にまた転職を考えることがあれば必ず利用するだろう。

また過去に同様に転職を扱ってきている実績があるので、その転職先がどういった環境にあるのかもホームページなどに書いてる以上の生の情報で判断材料にすることができた。

面接で質問される質問内容や傾向も丁寧に教えてくれるので、エージェントを利用しなければ正直今の職場を選ぶこともなかっただろうと思う。

今の転職先の職場環境や給与内容などはとても満足のいくものであり、自分で言うのもなんだが成功例だと思っている。

転職エージェントの歴史はどれほどのものかは分からないが、サービスとして調べれば複数の業種で存在するし、インターネットで簡単に検索できることからも社会に必要だからあるわけでスキルアップを目指すならば同一の職場でなく次々と変えていくのもこれからの働き方にはありなのではないだろうか。

もちろんしっかりとスキルを習得してから転職するのは言うまでもないが。

東京・神奈川・埼玉・千葉の医師の転職|エージェントおススメTOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です