就職活動で大変だったこと

就職活動で大変だったことをお伝えします。僕は就職活動する上で大変だったことは、まず学歴です。僕の学歴は高卒なんですが、履歴書や面接の練習をいくら頑張っても、学歴は特に問いませんとかかれているお仕事でも、それが理由で大分おとされました。ですので、正社員のお仕事を何十社と受けても、「なんで大学行かなかったの?」「学歴は問わないといったけど高卒の人がやるには難しいと思うよ」等、言われてなかなか正社員で受かることができませんでした。これを見て頂いてる方は、資格が必要だったり、かなりの大手の会社を受けたり、見当違いの所を受けているのでは?と思っている方もいるかと思います。ですが、これは、ハローワークであったり、求人誌等をみて、学歴不問のお仕事しっかり選び、相談してうけたにも関わらずいわれました。ですので、それだけでもハンデが大卒の人よりもあるので、合格をもらうことがすごく難しい道でした。その上で、製造の仕事にチャレンジしようとうけていたんですが、以前だったらいなかった、大卒で工場の仕事をうけたがる方が増えており、その人達を相手にしないと仕事を見つけることも難しかったです。その上で、ようやく麺の製造のお仕事に就職することができましたが、それでもパートからスタートで、正社員になれるという形での採用でした。他にもコールセンターのお仕事に着いた時も、学歴のことを言われてしまいましたので、今現在就職活動している高校生はそこでしっかり就職を決めるまで頑張らないといけないと思います。あせってしまう気持ちはわかりますが、就職が決まらないまま、大学にもいけずに僕みたいに職業訓練学校に行ってしまうと、そこで資格が取れたらまだいいです。ですが、もし僕みたいに資格が取れないと、正社員での仕事を探しても学歴を問われ、資格も何もないので職業訓練学校で何してたの?と言われたりして、本当に就職することが難しくなりますので、気をつけて頑張ってください。

看護師 転職

就職活動で大変だったこと

大学3年生の冬くらいから、学校側で行う合同会社説明会に参加をしたり、実際にリクナビやマイナビなどの就職サイトに登録をしました。サイト上では、大企業から中小企業まで幅広い企業を扱っているため、自分自身が知らない会社が世の中にこんなにもあるんだという印象が強かったです。実際に気になった企業の会社説明会を予約したくても、大企業や誰もが知っている会社の説明会などは、人気があり予約が取れず大変でした。大学の授業で就職支援の講座があり、毎週出席していました。20名ほどのクラスで担当エージェントの先生が親身になって相談に乗ってくれたり、生徒同士でのディスカッションをしたりと実際の就職活動で使える知識などを教えてもらいました。また、担当エージェントの先生との面談では、自分に合った企業の推薦やエントリーシート添削、面接練習などもあり充実していました。大学3年生の終わりくらいになると早い人は、内定をもらったり、最終面接に進んでいる友達も多かったです。その中で自分は、まだ最終面接までいかずに、筆記試験などや第一面接などで周りより少し遅れていたので、焦りなどもありました。最初は、大手企業や名の知れている会社しか見ていませんでしたが、エージェントの先生との面談で、中小企業でも福利厚生がしっかりした会社もあれば、実は私たちの生活に欠かせないものを製造している会社だったり、もう少し違う視点から会社選びをしていきました。エントリー数は、100件以上を超えていましたが、面接までいけるところはそのうちの30%程でした。最終面接に行っても、お断りのメールが来て、まったく内定がもらえませんでした。途中からは、自分が無力で社会から必要とされていないんじゃないかと思ってしまいました。いくら頑張っても結果が出ずに、途中で投げ出したくなった時もあります。ただ、担当エージェントの先生の励ましや友達の励ましのおかげで、自分のペースで自分らしく頑張ろうって思えるようになりました。その結果、大学4年生の夏までに内定を頂くことが出来ました。内定がもらえるまで時間がかかり大変な思いもしましたが、あの時に投げ出さずに頑張ってよかったなと思います。

医師 転職 産業医 女性 ママ

意味のあるおせち料理

「お正月」と言えば小さいときからずっと「こういうもの」と思ってきたように、我が家も元日の朝の食卓はおせち料理、鯛やお雑煮などを並べて新年のお祝いをしています。

 1つ1つのおせち料理に縁起を担ぐ意味があることを知ったとき、ただ食べるのではなく、味わいながら食べるようになりました。 意味が分かるとおせち料理を食べることが楽しくなり、自慢げにドヤ顔で子供たちに説明すると「ものしり」と少し尊敬されます。

おせち料理には、数の子、黒豆、たたきごぼう、伊達巻や煮しめなどがあり、子宝や子孫繁栄、無病息災、家の安泰、文化の発展、学問や習いごとの成就や家族が仲良く一緒にいられるようになどの願いが込められています。
また、栗きんとん、紅白なます、レンコン、昆布巻きは、金運、平安と平和、将来の見通しが良いことや、不老長寿、子孫繁栄などの縁起物です。
さらに、紅白かまぼこの赤は魔除け、白は清浄・神聖を意味しており、海老は、腰が曲がるまで長生きできるように長寿の意味が込められています。

 食卓のご馳走をただ食べるのではなく、1つ1つのおせち料理に込められたありがたい気持ちを感じながら1年の幸せを願いじっくり味わっていただきましょう。
クラチャイダムゴールド 男性不妊